読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西屈指の星空スポット、フォレストパーク神野山に行ってきた

写真

こんばんは、ゆーです。

先日(2016年8月2日)、奈良県にあるフォレストパーク神野山に星空の写真を撮りに行った際の出来事を書こうと思います。

 

言ってなかったですが、私は主に風景写真が好きです。なかでもプロの方が撮るような天の川を主とした星の写真は本当にきれいで見とれてしまいます。そのため自分でも撮ってみたいと考えていました。

 

何度か家の近くで星空撮影の練習をしたことがあります。しかし、私の住む京都市内だと街明かりなどの光害が大きいせいで、天の川を写すことができませんでした。

 

そこでGoogleで「星空スポット 関西」で検索し、家から行けそうな場所にフォレストパーク神野山があるのを知り、新月の日を狙って行ってみることに。

 

当然ながら星が見える場所というのは、光害が少ない=都市部から離れた山奥や、田舎 となります。そのような地域は車が主な交通手段です。

しかし私は車をもっていません。ゆえに公共交通機関で行くことのできる星空スポットということになります。(行くことはできるが楽にいけるとは言っていません)

 

フォレストパーク神野山への行き方

まずはJR奈良駅に向かいます。JR京都駅からなら乗り換えなしで奈良駅まで行くことができ、時間は約1時間。値段は710円。

 

奈良駅からは奈良交通バス124系統(北野行)に乗って終点の北野まで行くだけです。時間は1時間ちょっと。値段は1050円。バス高い、、、

行き方としては簡単ですよね?

 

でもここからが大変だった。

私が乗ったバスはその日の最終バス。北野 に着いたのは21時頃。

 

運転手さん「どこ行くの?」と心配しながらも、怪しい人を見るような目で聞かれました。

私「フォレストパーク神野山の駐車場が星空観賞に有名だと聞いたのでそこに行きます!」

運転手さん「、、、、、、駐車場?長年ここで運転手してるけど、星見るために神野山の駐車場来た人なんて初めてだよ。」

 

えっ?軽いパニックです。ただ運転手さんに心配させまいと、とりあえず大丈夫ですと伝えて下車。星に興味のある人しか知らないみたいですね。

 

少し歩くと神野山の矢印看板が。それに従い山道を進むと、真っ暗。試しに懐中電灯を消してみると、本当の真っ暗。盛っているわけではなく何も見えません。

めちゃくちゃ怖いです。風で木々が揺れる音だけでびっくりします。ひたすらトトロの歩こう~歩こう~を歌って怖さを紛らわしました。

 

そんな山道を歩くこと約30分。

突如イルミネーションが現れました。

f:id:yu0919:20160812005941j:plain

きれい!「鍋倉渓ライトアップ」と言い、昼の間にソーラーパネルで充電し、日暮れから充電がなくなるまで点灯するようです。8月20日まで毎晩点いています。

 

ここからさらに20分ほど歩くとようやく目的地の第2駐車場が見えてきました。

 

星空観察

しかし誰もいない、、、今日は新月でしたが、薄い雲が幅広く張っていたため星がほとんど見えませんでした。

 

しかしネットの情報によると0時を超えたあたりからは晴れてくるとなっていたので待ちました。ちなみにトイレは駐車場からあるいて2.3分のところにある森林科学館横にあり、24時間開放されています。

 

そして0時頃。このころには車がちらほら。気付くと急に雲が消え、満点の星が広がっていました。

感動しながらも、慌てて写真を撮りました。私が人生で初めて撮った、天の川写真がこちら。

 

f:id:yu0919:20160812005948j:plain

canon EOS kiss X7 F値2.8 ISO3200 シャッタースピード30秒

 

一つ反省としては構図等を考えていなかったことです。その場所からだと天の川をとるには、カメラを真上に向ける必要があったので、木々などと一緒に撮ることができず星空のみの写真となってしまいました。

 

それでも自分で撮った写真だときれいさは倍増します。

肉眼では天の川は見えませんでしたが、満点の星には変わりありません。

 

しかし喜びも束の間。雲がきれいになくなったのはわずか10分ほどでした。

その後何度か、かなり星が見えるときはありましたがすぐにまた薄い雲が張ってしまう状況でした。

 

f:id:yu0919:20160812005959j:plain

canon EOS kiss X7 F値2.8 ISO6400 シャッタースピード30秒

 

やっぱり少しでも木々があるほうが、アクセントとなって良い感じがしますね。しかしここには天の川はない、、、

 

写真はたくさん撮ったのですが雲のかかったものが多く、これくらいしか見せれるものがありません。。。

 

ちなみに外は夏でしたが少し肌寒いくらいで、長そで長ズボンできて正解でした。

 

帰り道

4時ごろになると、空がうっすら明るくなり始め、星が見えなくなってきました。

バスの始発は6時25分。まだまだ時間があったので、探検がてら、バス賃の節約がてら歩けるところまで歩くことに。

 

最終的に「日笠」というバス停まで歩いたのですが、正直めちゃめちゃ後悔しました。おそらく12kmほどは歩きました。

このあたりは全体的に山道のため、虫なども多く人通りもほとんどありません。途中ここでは言えないようなハプニングもあり散々でした。

 

フォレストパークに行く機会がある人は、一度北野から日笠まで歩いてみてください。私の大変さが分かるはずです。かなり疲れるにもかかわらずバス賃は300円ほどしか安くなりませんでした。

 

フォレストパーク神野山第2駐車場のまとめ

  • 今回は条件がそこまで良かったわけではないが、天の川の撮影に成功。条件さえよければ肉眼でも天の川が見えるそう。
  • 公共交通機関を使って行ける。ただ、ある程度の徒歩の覚悟は必要。
  • 確認はしていないが帰りの終バスはおそらく早いため、星をゆっくり見るなら一晩明かすしかない。
  • 夜道は本当に真っ暗で怖いので一人で行くのはあまりおススメできません。
  • 星が見えなくなってから時間があるからと言って、歩かない方が良い。

写真を撮るようになって、とにかく車がほしくなったゆーでした。学生にはそんな金がないのだけれども、、、